クリニック案内

sp_bn01.jpg
24時間WEB予約

診療方針

相談しやすい、身近なかかりつけ医でありたい

当院は1992年に開院して20年以上、地域の患者さんに親しまれるクリニック診療を続けてきました。
目に関するお悩みや疑問について、何でもご相談できる温かいクリニックでありたいと考えています。「話しやすい身近なかかりつけ医」であることが当院の理想です。

ありがたいことに、今では目に関することのほか、内科や整形外科に関するお悩みまでご相談いただいています。
もちろん、院長の専門は眼科であるため、専門外に関するお問い合わせには一般的なアドバイスや専門とする医療機関のご紹介に留まることが多いのですが、患者さんにとって相談しやすい存在になっているのかなと感じています。

当院の特徴

豊富な手術実績

当院は日帰りで受けられる白内障とレーシックの手術に力を入れています。白内障の手術においては、印西市内の医療機関の中で最も早くに手術を開始し、現在まで6千例以上の実績があります。
レーシックの手術経験も豊富で、白内障の手術後にレーシックを行って近視を矯正することもあります。白内障の手術とレーシックを組み合わせることで、患者さんが裸眼で快適に日常生活を送れるようになる可能性が高くなります。

地域に根付いて20年以上

当院は1992年に開院し、今までにたくさんの地域の患者さんにご来院いただいています。中には院長を孫のようにかわいがってくれる患者さんもいて「漬け物を作ったのよ」などと差し入れをいただくこともありました。
そのように患者さんとざっくばらんに会話を交わしながら心と心で触れ合うことが楽しく、「患者さんの役に立ちたい」といった気持ちも高まります。

市内の校医を務めています

当院は、開院当初から印西地域の全学校の校医を務め、現在は市内34の幼稚園、小学校、中学校、高校を回っています。
合併前の旧印西市の市長から「校医がいなくて困っている」と相談を受けたことがきっかけでしたが、今では院長自身、人一倍、お子さんを診療することを楽しんでいます。
「あ、先生だ!」などと学校で子どもから声をかけられることがうれしく、「よし、頑張ろう」と思えるのです。

診療時間・アクセス

診療時間

 
9:00~12:00 × ×
白内障手術 × × × ×
15:00~18:00 × × × ×

休診日:日曜日・祝日

住所 〒270-1342 千葉県印西市高花5-1-3
TEL 0476-47-0303
アクセス方法
  • 徒歩
    北総・京成線「千葉ニュータウン中央駅」南口より徒歩15分
  • バス
    同駅そばのバスターミナル1、2番乗り場でレインボーバスに乗車し、6分。「船穂中学校前」で下車してください。片道180円です。

院長紹介

ごあいさつ

白内障の手術を受けて喜んでいた患者さんに出会い、
眼科医の道へ

皆さん、初めまして。斉藤眼科おとな&こども眼科クリニック院長の斉藤仁(さいとう・ひとし)です。
私は大学でどの分野を専門にしようかと考えていたとき、あるご高齢の患者さんに出会いました。その方は白内障の手術を受けて視力が回復し、とても喜んでいました。満面の笑顔で「手術を受けて良かった」と言われていたのです。
その表情を見たとき、私の進むべき道が見えました。「見えなかった状態が見えるようになること」は、その人にとって非常に喜ばしいことで、人生に直結します。

私は「患者さんが裸眼で快適な生活を送れるようになること」を理想とし、そのときそのときで先端的な医療を提供することをめざしてきました。結果的に、白内障の手術は6千例を超えました。
今後も、身近で温かみのあるかかりつけ医でありながら、確かな技術を持った信頼できる医師でありたいと考えています。当院を、どうぞよろしくお願いいたします。

プロフィール

  • 山形大学医学部を卒業
  • 山形大学医学部附属病院やその関連病院に勤務
  • 1992年 斉藤眼科おとな&こども眼科クリニック 開院

院内ツアー

 
 
 
 
医院ニュース症例ブログ
24時間WEB予約